Now you are | HOME | CROSS BORDER ICT ENGINEERING SERVICE

CROSS BORDER ICT ENGINEERING SERVICE

日英2か国語対応 システムエンジニアリングサービス


CROSS BORDER
ICT ENGINEERING SERVICE

 
日英2ヶ国語対応 システムエンジニアリングエンジニアサービス

お客さま企業のビジネスを世界へ。

 
少子高齢化や人口現象に伴い、国内市場は縮小の一途を経ています。この打開策として、会社の規模や業種を問わず、あらゆる国内企業が新たな市場として海外への販路を具体的に見出していくことが必須命題となっています。
そのために重要となるのがグローバル人材。
しかしながら、大手企業であってもグローバル人材の育成や確保には苦戦しているの実情であり、グローバル人材の確保には大きなコストがかかります。
こうした中、私たちフィルアップでは、英語圏諸国での生活経験や勤務経験のあるグローバル人材、あるいは、国境や国籍を超えて様々な国の人々との勤務経験がある人材を正社員として積極的に採用させていただき、「IT & ICT」の側面からお客様企業のグローバルビジネスの加速化をサポートさせていただいております。
 
*当社の日英2か国語に対応した正社員エンジニアの100%が、日本語を第一言語としています、

お客さま企業のビジネスを世界へ。

 
少子高齢化や人口現象に伴い、国内市場は縮小の一途を経ています。この打開策として、会社の規模や業種を問わず、あらゆる国内企業が新たな市場として海外への販路を具体的に見出していくことが必須命題となっています。
そのために重要となるのがグローバル人材。
しかしながら、大手企業であってもグローバル人材の育成や確保には苦戦しているの実情であり、グローバル人材の確保には大きなコストがかかります。
こうした中、私たちフィルアップでは、英語圏諸国での生活経験や勤務経験のあるグローバル人材、あるいは、国境や国籍を超えて様々な国の人々との勤務経験がある人材を正社員として積極的に採用させていただき、「IT & ICT」の側面からお客様企業のグローバルビジネスの加速化をサポートさせていただいております。
 
*当社の日英2か国語に対応した正社員エンジニアの100%が、日本語を第一言語としています、

What is global ICT engineers ?
グローバルICTエンジニアとは?
株式会社フィルアップ 日英2か国語対応 ICT エンジニア
株式会社フィルアップ 日英2か国語対応 ICT エンジニア
What is global ICT engineers ?
グローバルICTエンジニアとは?
英語が流暢に使えることだけがグローバルICTエンジニアではありません。
それぞれの国には、それぞれの国のインターネット環境や社内情報システム環境があり、「IT & ICT 」開発におけるビジネスルールや常識には違いがあります。

同時に、日本国内における「IT & ICT」開発にも日本独特のビジネスルールや文化がありますが、その中でも日本国内のビジネスルールは世界でも特異です。
「IT & ICT」業界に限らず、品質を最優先に考える日本国内企業のビジネス文化は、海外企業にとっては異色であり、時として「品質」に関するこだわりは過剰であるとさえ捉えられる場合があります。
しかしながら「品質」を最もに重要視する日本国内のビジネス文化は、日本が世界に誇れる事象の一つであると言えるでしょう。
こうした中、フィルアップで活躍している日本語と英語の2か国語に対応したエンジニア達は、品質を重視する日本の素晴らしいビジネス文化を最大限に主張しながらも、それぞれの国のサービスクオリティーや機密保持に対する考え方を受け入れ、尊重し、互いに「共存・共栄」することを常に意識しています。

英語が流暢に使えることだけがグローバルICTエンジニアではありません。
それぞれの国には、それぞれの国のインターネット環境や社内情報システム環境があり、「IT & ICT 」開発におけるビジネスルールや常識には違いがあります。

同時に、日本国内における「IT & ICT」開発にも日本独特のビジネスルールや文化がありますが、その中でも日本国内のビジネスルールは世界でも特異です。
「IT & ICT」業界に限らず、品質を最優先に考える日本国内企業のビジネス文化は、海外企業にとっては異色であり、時として「品質」に関するこだわりは過剰であるとさえ捉えられる場合があります。
しかしながら「品質」を最もに重要視する日本国内のビジネス文化は、日本が世界に誇れる事象の一つであると言えるでしょう。
こうした中、フィルアップで活躍している日本語と英語の2か国語に対応したエンジニア達は、品質を重視する日本の素晴らしいビジネス文化を最大限に主張しながらも、それぞれの国のサービスクオリティーや機密保持に対する考え方を受け入れ、尊重し、互いに「共存・共栄」することを常に意識しています。

Be Global
フィルアップが考えるグローバルICTエンジニア
 
世界の人とコミュニケーションができる人

これは英語力もありますが、ネイティブレベルで英語を喋る、ということではありません。なぜならば、話す相手がネイティブスピーカーとは限らなかいからです。まずは相手国のビジネ文化、インターネット環境、サービスクオリティに関する違いなどを理解し、自己の考え方や意見を率直に相手に伝えることです。
 

相手の主張も受け止めながら、自己の意見も主張する人

様々なる環境で生まれ育ってきた国境を超えた人々が互いに理解するには、互いが積極的に主張し合わなければなりません。それは、文化の違いからくる常識や良識が国によって全く異なるからです。
これは「IT & ICT」業界に限ったことではありません。
そして、相手の意見や主張を受け止めながらも、日本が世界に有する「品質維持・管理」を最大限主張した上で、同じ目線で「共存・共栄」しようとする前向きなるマインドを持つことが重要です。
 

自己が達成したい目標に向って果敢に立ち向かう人

ある程度の英語力は最低必須条件ですが、自己が設定したゴールや目標へ着実に向かって行くには強い意思と継続力が必要です。
そして、自分の主義や意見を具体的に持ち、国境を超えた異文化の人たちへも、自己の主義や主張を明確にすることです。そして何よりも、様々な文化を持った世界の人々と「共存」しながらも互いの「共栄」の道を自ら開拓し、自己で設定した目標へ向かって果敢に立ち向かわなければなりません。

フィルアップが考えるグローバルICTエンジニア
 
世界の人とコミュニケーションができる人

これは英語力もありますが、ネイティブレベルで英語を喋る、ということではありません。なぜならば、話す相手がネイティブスピーカーとは限らなかいからです。まずは相手国のビジネ文化、インターネット環境、サービスクオリティに関する違いなどを理解し、自己の考え方や意見を率直に相手に伝えることです。
 
相手の主張も受け止めながら、自己の意見も主張する人

様々なる環境で生まれ育ってきた国境を超えた人々が互いに理解するには、互いが積極的に主張し合わなければなりません。それは、文化の違いからくる常識や良識が国によって全く異なるからです。
これは「IT & ICT」業界に限ったことではありません。
そして、相手の意見や主張を受け止めながらも、日本が世界に有する「品質維持・管理」を最大限主張した上で、同じ目線で「共存・共栄」しようとする前向きなるマインドを持つことが重要です。
 
自己が達成したい目標に向って果敢にチャレンジする人

ある程度の英語力は最低必須条件ですが、自己が設定したゴールや目標へ着実に向かって行くには強い意思と継続力が必要です。
そして、自分の主義や意見を具体的に持ち、国境を超えた異文化の人たちへも、自己の主義や主張を明確にすることです。そして何よりも、様々な文化を持った世界の人々と「共存」しながらも互いの「共栄」の道を自ら開拓し、自己で設定した目標へ向かって果敢にチャレンジしなければなりません。
GLOBAL ICT PROJECT
グローバルICTプロジェクト
株式会社フィルアップ 日英2か国語対応ICTプロジェクト 事例
GLOBAL ICT PROJECT
グローバルICTプロジェクト

現在フィルアップでは、日英2か国語を必要するプロジェクトを複数担っておりますが、機密保時の関係で詳細は非開示となりますこと、ご理解いただきたくお願い申し上げます。
尚、日英2か国語を必要とする新規「IT & ICT」プロジェクトなどのご相談は、お気軽に当社まお問い合わせください。

プロジェクト事例 001
日系商社向けシステム運用

プロジェクト事例 001
日系商社向けシステム運用

担当業務概要

メインとなるシステム・サーバー室は国内に所在していますが、同拠点のシステムを世界各拠点の情報システム部でも利用します。
世各拠点に勤務するエンジニアは、それぞれの国で現地採用されたエンジニアであるため、必然的に国内のシステム・サーバー室で運用を担当している弊社社員と世界各拠点のエンジニアとのコミュケーションは英語となります。

対象国

同社が支店を構えている世界各拠点(北米・南米・ヨーロッパ・中国・インド・北欧)

備考

各国の時差の関係により24時間365日対応。

プロジェクト事例 002
日系通信キャリア向け各種ソリューションのシステム・サーバー構築、運用

プロジェクト事例 002
日系通信キャリア向け各種ソリューションのシステム・サーバー構築、運用

担当業務概要

日系大手通信キャリアがソリューションとして持っているICTサービスの運用及びサポートデスク。ユーザー企業の約30%程度が海外企業であるため、こうした海外企業へのソリューションの導入や運用に伴うコミュニケーションは英語となります。

対象国

同サービスを利用している海外企業が所在する各国

プロジェクト事例 003
セキュリティ研究機関におけるセキュリティ脆弱性調査分析及びローカライズ

プロジェクト事例 003
セキュリティ研究機関におけるセキュリティ脆弱性調査分析及びローカライズ

担当業務概要

各種OS、システム、アプリケーションのセキュリティの脆弱性分析、または、フィッシングサイトや、その他の攻撃的なインターネットアクセスを分析し、国内インターネットプロバイダー、OS開発会社、各国管轄機関などへレポートします。
これら一連の業務は、調査分析対象となると情報源の多くが英語であるため、必然的に英語による対応が必須となります。
また不定期ではありますが、こうした情報を元に、当社セキュリテイーエンジニアがアジア新興諸国などへ赴き、現地のIT企業や政府自治体の情報機関担当者などへのセキュリティ講習を英語にて実施します。

対象国

主に米国及びアジア新興諸国

備考

当業務は、世界主要各国に所在するセキュリティ研究機関との共同プロジェクトになります。

プロジェクト事例 004
外資系ITベンダーにおける社内プロジェクトコントロール

プロジェクト事例 004
外資系ITベンダーにおける社内プロジェクトコントロール

担当業務概要

国内に支店を構える大手外資系ITベンダー向けに、国内で推進しているプロジェクト管理を英語にて行います。国内に所在している外資系ITベンダーとはいえ、そこに勤務している多くの方々は英語を第一言語とする人々であるため、社内におけるプロジェクト管理やITエンジニアの管理などは全て英語で実施されます。

対象国

主に国内及び米国